A way of thinking

筆者個人の思考過程です。意見には個人差があります。

不偏分散のルートから計算する標準偏差は不偏ではない

もうタイトルの通りなんだけど,結構衝撃だったのでメモっておく。化学物質の生態リスクの分野では,個々の生物種の毒性値を対数正規分布などの分布(種の感受性分布と呼ばれる。略してSSD。)にフィッティングさせて,X%が影響を受ける割合とかって計算する(95%の種が保護できる濃度が環境基準などの設定根拠になったりする)。色々あるけど,対数正規分布が一番メジャー*1でお手軽。この対数正規分布も単純で,対数をとった毒性値の平均と分散(あるいは標準偏差)が分かればよい。平均も標準偏差も統計では基本中の基本なので,なんてことはないと思っていたのですが,標準偏差が曲者だった。標準偏差の計算方法はいくつかあって

  • 標本分散(nで割るやつ)のルートをとって計算する方法(不偏ではない)
    • 最尤法で計算するとこの方法になるとのこと。例えば,こことか。
    • この方法でSSDを計算するのが,Rのパッケージssdtools。ただ,作者にこの点問い合わせたので,のちのち修正されるかも。ちなみにssdtools自体は,この計算を別のパッケージの関数に外注している。
  • 不偏分散(n-1で割るやつ)のルートとって計算する方法
    • 実はこれで計算された標準偏差も不偏ではなく,平均的に過小推定される。例えば,こことかこことか(リンク先はあくまで参考でここがいいっていっているわけではないです)。
    • 上のリンクにもあるように正規分布であれば,補正する式がある。
    • 余談ですが,SSD本の中で,Aldenbergは不偏でないことは認識しつつも,最尤推定による標準偏差(標本分散のルート)よりは後者の標準偏差の方がpreferされると書いていて,このあたりの思考回路が気になるところ。
  • (最後に)不偏分散のルートをとって補正して計算する方法

がある。という感じ。

おそらく,SSDを描いている人で私も含めて,このあたりを気づいて補正した標準偏差を使っている人はいないんじゃないでしょうか。SSD標準偏差はHC5の推定にも響いてくるし,まぁ実質的な誤差はそんなに大きくないとしても,SSDの文脈ではあまりないがしろにしてはいけない気がする。おそらく,落としどころは,補正無しの標準偏差で進めましょうということだと思うけど(Aldenbergさんにも問い合わせてもらっているけど),標準偏差1つとってもなかなか深いことを実感した*2

*1:この理解でいいと思うんだけど,細かいつっこみを入れる人はいるかも

*2:標準偏差なんて標準誤差のもとだし,もうみんな標本標準偏差しか使ってないっすよ,と思うと,正直ちょっとどうしたらいいのか愕然とした

リスク学辞典

リスク学事典

リスク学事典

今更ですが,リスク学事典の「化学物質による生態リスク」の項目を書きました。といっても全体のほんの1項目ですが。理由は分かりませんが,以下のサイトのプレビューから偶然にも私の項目がサンプルとして読めます。かなり幅広い形でリスクを扱っていて,気軽に買える値段ではありませんが,お財布に余裕がある方は是非!
www.maruzen-publishing.co.jp

先住民との合意形成(レンジャー鉱山)

Hart, B.T., Taylor, M., Iles, M., Kyle, G., Sinclair, G., 2015. Resolving long-term issues related to surface water management and monitoring associated with the Ranger Uranium Mine, Northern Territory, Australia. Australasian Journal of Environmental Management 22, 417-431.

ふと見つけて,著者の一人であるShellyさん*1にリクエストしてたら送ってくれた論文。タイトルとはちょっとズレるけど,基本的にはウラン鉱山の処理水の管理について,先住民の人たちとどういう風に合意形成をしていったか,その過程で具体的にどんな危惧(Concerns)が出てきたかなどを記述した論文*2。Concernsがボクが別途取り組んでいる課題にも当てはまりそうで勉強になるけど,ここまで大がかりに対応できるのは,この鉱山だからだよね?という気もする*3

*1:MichelleでニックネームがShellyは初めて。SETAC AUで見つけて話しかけた人の一人だけど,行政から企業に移動していたりして,なかなかキャラ的にも面白い人

*2:自然科学の論文という感じはしないので,社会科学的な文脈でよまれているか。それとも日本の国内誌にように,こういうローカルな知を大事にしようとしているのか。いずれにしろ個人的にはよいことだと思いますが

*3:いやでももしかすると…

身体と言葉

身体(ことば)と言葉(からだ)?舞台に立つために 山縣太一の「演劇」メソッド

身体(ことば)と言葉(からだ)?舞台に立つために 山縣太一の「演劇」メソッド

往来堂で予約して買った山縣太一さんの本。最後の戯曲*1を除いて読み終わっていたのだけど,今更ながら読了メモ。演劇は特に知識があるわけでもなく,コンテンポラリー?的な訳の分からないのが好きなだけで,別に詳しいこともなんもいえないのですが,

「アドリブ」の演技が入ってくる余地はありません。

とあるように,オフィスマウンテンの演劇とかまさにアドリブって?感じもあるのですが,「相当すごく錬っているんだな」というのが強い印象として残りました*2。自分の文脈に載せるとすると,学会発表とかかなと思うのですが*3,個人的には以下のことばたちが気になりました*4

  • 自分の身体が意識しないまま多くの情報を発信していること
  • 厳密にコントロールすることは不可能な,不安定な,不安なものです。しかし,そうした不安定さにこそ固有性は宿ります。
  • 「異常事態」を「そうではない」ものとして作業を進めようとすることは,嘘です。
  • 「見られていて緊張していますけど,やります」
  • 生きて死ぬという,一回切りの身体を持っている俳優が,毎回異なった環境において,「同じ作品」を繰り返し立ち上げるというフィクションの方に,「芸術」としての演劇の魅力を感じています。
  • 「反復」という構造はその素材に関する受け取り手の解像度を上げてくれます。

なんというか謙虚ででも筋の通ったかつストレートで熱いメッセージが詰まっています。最後の戯曲も,単に声を出して読んだりすると結構楽しい。ちょっとちょっと手をとめて話を聞いてくれる?

*1:演劇の台本のこと

*2:このあたり自分の想像を超えるのでよく理解できていないというのが正直なところです

*3:ただ,演劇のように複数回は行われないし,練習量もたかが知れていますし,一緒にするなよと言われそうです

*4:他にもあるのですがとりあえず抜粋

Sumpter, J.P., 2009. Protecting aquatic organisms from chemicals: the harsh realities. Philosophical Transactions of the Royal Society A: Mathematical, Physical and Engineering Sciences 367, 3877-3894.

ボクの推し研究者Sumpter先生のエッセイ。ボクが環境毒性学会誌に意見論文を書くような感じだろうか。エッセイ的で,ざっくりいうと曝露も有害性ももう分からないこと多すぎるよね,
環境的に妥当なecotoxicologyを遂行するのはめちゃくちゃチャレンジングだよね,という話。個人的には目新しいことはなかったけど,バランスのとれているよいエッセイじゃないかなと思います。こそっと書いてあるこのあたりとかも,ずっとEndocrine disrupting chemicalsを研究してきたSumpterさんが言うとちょっと深みがある。

old-fashioned’, unsexy chemicals may be having a greater adverse effect on aquatic biodiversity than those organic chemicals receiving a lot of attention from scientists currently,

カナダの下水処理水とその影響

Holeton, C., Chambers, P.A., Grace, L., 2011. Wastewater release and its impacts on Canadian waters. Canadian Journal of Fisheries and Aquatic Sciences 68, 1836-1859.

リサゲか何かで偶然見つけた論文(レビュー的なパースペクティブ論文)。こういう話がFisheriesな雑誌に載るというのも面白いなぁと思う。こういう論文があると,研究している側も重要性を主張できてよさそうな感じ。ただ,基本的には,カナダ全土の下水処理の現状と化学物質の濃度の話で,具体的な影響の話はほとんどないのはちょっと残念。鉱山管理のガイダンスでも出てきた記憶があるけど,環境影響評価の文脈でカナダはFisheries Actの役割が大きそうな印象。

環ROY「なぎ」

なぎ

なぎ

最近ずっと聴いている1枚。息子が入院してしまい,付き添い中に時間があるので,ちょっと更新。